検索条件

商品関連情報

価格別商品一覧

商品カテゴリー

利用ガイド

  • 当サイトについて
  • お支払・配送について
  • 特定商取引に関する法律
  • お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

ログイン

2019年11月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2019年12月の定休日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お茶の起源

茶畑

てん茶(抹茶)の起源

茶人アイコン

てん茶は、古来から茶の湯と不可分の関係を持ち、王侯貴族など茶道を志す人々の間で貴重なものとして、千利休などによって興隆しました。 豊臣時代に宇治郷の上林久重が初めて茶園に覆いをして改良したとする説や、また、小堀遠州が宇治の茶師に命じて茶の製造を改良させたとも言われています。

玉露の起源

茶人アイコン

玉露の起源には、諸説ありますが、天保6年江戸の茶商山本嘉兵衛が山城地方に来た際に、宇治市小倉の木下吉左衛門の家に立ち寄り、てん茶の製造を視察中に自ら手で撹拌したところ、飴のように粘り、乾燥したところ小円形のものになりました。 これを江戸に持ち帰ったところ、甘露のような味がしたことから玉露と名付け、諸大名に贈ったところ、非常な好評を博したといわれています。

煎茶の起源

茶人アイコン

煎茶は、元文3年山城の国湯屋の住人永谷宗七郎翁(宗円)が青製と称し湯蒸しする製法を考案、 従来の製法に比べて味、色、香気共に優れており、江戸の山本嘉兵衛徳翁のところへ持参しました。 徳翁は感心してこの茶を「天下一」または「天上」と名付けて販売したところ好評を博したといわれています。

このページのTOPへ

バルーンネット株式会社会員様及びKTT会員様は購入特典がございます。
購入前にサイトへお問い合わせください。

このページのTOPへ

このページのTOPへ